So-net無料ブログ作成
追悼記事 ブログトップ

◇ ちちんぷぃぷぃの芸能マスタートップページ



◆ 当ブログで紹介している芸能人(タレント) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  
015 千秋


  
  
  
  


021 misono
  
  
  
024 Non
  
025 Non


0
  
0
  
0
  
0
  
0






◆ 当ブログで紹介している芸能人(男優・女優) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
008
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
033 Non
  
034 Non
  
035 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(モデルタレント) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
009 森星
  


011 SHELLY
  
  
  
  


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(お笑いタレント) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
009 Non
  
010 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(アイドル) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(歌手・シンガー・作詞作曲家) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
003 hide
  
  


  
  
  
009 boa
  


011 YUI
  
  
013 Non
  
014 Non
  
015 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non




◆ 当ブログで紹介している芸能人(声優) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
003 Non
  
004 Non
  
005 Non


  
  
  
  








◆ 当ブログで紹介している芸能人(アナウンサー) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
  










【訃報】永井一郎 死去!心不全が原因か?サザエさん波平の声優さん!


声優でナレーターなどでもご活躍されていた「永井一郎」氏が

2014年1月26日に広島市にあるホテルで倒れ急死されたことが分かり

話題になっています。


声優やナレーターでご活躍されていたのに、

突然の急死でご家族やご関係者の皆様は

さぞかし悲しまれていることでしょう。

特に自身の代表作でもある「サザエさん」での"磯野波平"の声が、

今後聞くことができなくなることは

ご関係者含め我々マンガファンも悲しいことです。


生前はかなりお元気だと聞いておりましただけに、

今回の"訃報"は、誠に残念なことです。


追悼の意味を込めて"永井一郎"氏を今一度、

注目してみたいと思います。







◇ 永井一郎プロフィール

永井一郎
本名
永井一郎
読み
ながい いちろう
生年月日
1931年5月10日
仕事
声優、俳優、ナレーター
出身地
大阪府
所属事務所
青二プロダクション
血液型
A型
著 作 元:オリコン株式会社様WEBサイト公表物
明確区別:画像キャプチャで使用
主従関係:該当【者・物】紹介や分析のため引用
引 用 元:オリコン株式会社様WEBサイト
改変有無:一切無し


"永井一郎"氏は1931年5月10日生まれで生前は83歳でした。

ちょうど私のおじいさんくらいの年齢ですので、

おじいさん子の私としても非常に辛い現実です。


昔から"日本共産党"支持者として特に有名で、

国際選挙があったり共産党に関する情報がメディアから流れると

チョクチョク登場されておりました。


ご出身は大阪府で、小さい頃より地元の学校で学び

大学は"京都"の方で"文学部"に入学し、

無事にを卒業をなされたようです。


その後は役者を目指して上京したらしく

新劇の劇団オーディションに応募するものの

見事に落とされて、

都内の広告代理店に勤めながら俳優を目指していたそうです。


その時に通っていた"俳優養成所"を卒業し、

同じように養成所を卒業した同期の仲間が集まり、

"劇団三期会"を結成し、

アメリカの映画「スーパーマン」に出演したりして

活動をなされていたそうです。


当時からあまり若く見られていなかったせいか?

舞台では高齢者の役が多く回ってきていたそうで、

その演技ぶりはかなり周りから好評だったそうです。


その後、海外ドラマの「カウボーイ」の声優役で出演すると、

さらに自身の"高齢役"が高評価を受け、

役者よりも声優業を目指すようになったそうです。


確か、2009年頃に何かの受賞式で"功労賞"を受賞し、

そこでも「おじいちゃんかい!」っと感じたのが、

記憶に新しいところです。


声優時代の主な有名作品としては、

国民的漫画でもある「サザエさん」で磯野波平の声を担当したり、

1963年には当時大ヒットしていた漫画「鉄腕アトム」にも

出演されておられました。

私の記憶では"機動戦士ガンダム"や"うる星やつら"等にも参加し

漫画の最後に流れる出演者の名前に必ずと言っていいほど

"永井一郎"さんの名前があったことを幼心にも感じていました。


そんな日本を代表する声優のお1人、

"永井一郎"さんが亡くなられた事は、

これからの漫画を作っていく関係者の皆さんを含め

今まで同じようにを活躍された仲間の皆さんも

悲しんでいることでしょう。

心よりご冥福をを祈りいたします。







◇ 心不全が原因か?

今のところ詳しい死因は分かっておりませんが、

広島県で放送される番組に関係した作品に出るためだったのか?

2014年1月16日に広島市の放送局で仕事をし

その後ホテルに宿泊し翌日にスタッフがチェックアウトするのを

待っていたそうなのですが、

一向に現れず心配したスタッフがホテルの従業員に

様子を見て欲しいと依頼し、

スタッフがカギを開け室内に入っていたところ

バスルームに永井一郎氏が倒れているところを見つけたらしく、

そのまま病院いると緊急搬送したそうですが

会えなくお亡くなりになられたそうです。


以前にどのような病などがあったのかは分かりませんが、

"季節的"なことも考えると、

「突然死」の可能性が高いと私は考えておりますので

"心筋梗塞"などの「心不全」で

お亡くなりになられたのではないか?っと

想像しております。


たとえホテルでもバスルーム内はかなり低温となっていたと

考えられますので、

冷え切った体で急激に熱い浴槽に入ったことによって

そのような症状が起ったのではないでしょうか。


詳しい死因については今後の発表を

確認したいと思います。







◇ サザエさんの波平の声優さんで有名!

永井一郎さんの代表作と言えば、やはり"サザエさん"であり

磯野波平の声!ではないでしょうか!?


私はその年代の子供でしたから、

よく波平がカツオを怒っているシーンを見ると、

まるで自分が、自分のおじいちゃんから叱られているような感じがし

とても人ごとには思えなかった記憶があります。


私のおじいちゃんは戦争に行った経験がありましたので

波平のように厳しい部分が多々あり、

カツオのように悪ふざけをすると、

しょちゅう怒られていました。







スポンサードリンク






しかしよく考えてみると、

それだけ怖いおじいちゃん役であることを表現されていたのは

永井一郎さんの声が、

いかに「波平」とマッチしていた!

さらに言うと「お年寄りのお声」が素晴らしかった!っと

言うことを証明しているのではないでしょうか。


今後は収録分の放送で、永井一郎が演じた

"波平"の声が聞こえなくなると考えると

非常に残念なことであり、

私を叱ってくれた懐かしいおじいちゃんの存在も

この世から消えてしまうような不安な思いを感じてしまいます。


私のおじいちゃんはすでに他界しておりますので

"波平"を聞く度に、昔の思い出が蘇り、

懐かしく感じていたのですが、

今後はその思い出が蘇ることもなくなると考えると

非常に残念ではありますが、

心の中の大切な思い出として残していきたいと思います。

生前の永井一郎氏に感謝の気持ちを表明しつつ

心よりご冥福を、お祈り申し上げます。







◇ 葬儀などは?

まだお亡くなりになられたばかりで、

葬儀などの日程は発表されておらないようですが

数日中に葬儀が行われるものと思われますので、

その一報を待ちたいと思います。


ご家族やご親戚についても良く分かっていないので

"喪主"を誰が務めるか?葬儀場はどこなのか?

全く分からない状況なので、

今後の情報に注目していきたいと思います。



スポンサードリンク




◇ ちちんぷぃぷぃの芸能マスタートップページ



◆ 当ブログで紹介している芸能人(タレント) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  
015 千秋


  
  
  
  


021 misono
  
  
  
024 Non
  
025 Non


0
  
0
  
0
  
0
  
0






◆ 当ブログで紹介している芸能人(男優・女優) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
008
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
033 Non
  
034 Non
  
035 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(モデルタレント) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
009 森星
  


011 SHELLY
  
  
  
  


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(お笑いタレント) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
009 Non
  
010 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(アイドル) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(歌手・シンガー・作詞作曲家) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
003 hide
  
  


  
  
  
009 boa
  


011 YUI
  
  
013 Non
  
014 Non
  
015 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non




◆ 当ブログで紹介している芸能人(声優) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
003 Non
  
004 Non
  
005 Non


  
  
  
  








◆ 当ブログで紹介している芸能人(アナウンサー) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
  










【訃報】高橋昌也 死去!呼吸不全が原因!クロユリ出演!黒柳徹子と仲?


2014?年1月16日に呼吸不全のため死去されていたことが分かり

話題になっています。

俳優や演出家としてご活躍されていた最中、

突然な「訃報」でご親族・ご関係者の皆様は

さぞかし悲しまれていることでしょう。

生前はお元気そうなイメージしかなかった

高橋昌也さんだっただけに非常に残念な情報です。


そこで生前の「高橋昌也」氏について

注目してみました。


『高橋昌也』さんご本人や高橋昌也 死去について調べていましょう!







◇ 高橋昌也プロフィール

TAKAHASHIMASAYA.jpg
本名
高橋昌也
読み
たかはし まさや
生年月日
1930年3月16日
仕事
俳優、演出家
出身地
東京都
所属事務所
---
血液型
A型
著 作 元:オフィシャル公式様WEBサイト公表物
明確区別:画像キャプチャで使用
主従関係:該当【者・物】紹介や分析のため引用
引 用 元:オフィシャル公式様WEBサイト
改変有無:一切無し


"高橋昌也"氏は、東京生まれの俳優で1956年に劇団四季に

参加した頃から"俳優人"としてご活躍されていました。


そのころは劇団が盛んで、様々な劇団を渡り歩く俳優が

たくさんいて"高橋昌也"氏も"劇団四季"を退団してから

"劇団雲"を結成し、俳優の「芥川比呂志」氏や

女優でご活躍された「岸田今日子」さんと共に、

「現在演劇」を盛り上げていました。


そう言えば、女優の"岸田今日子"さんも2006年12月17日の

午後に、脳腫瘍のために「呼吸不全」で亡くなられましたよね!

"高橋昌也"氏も原因は違えど同じ"呼吸不全"で亡くなられました。


その後も、劇団員としてや総監督等でご活躍されていましたが

1993年に末期の食道がんであることが判明しすぐに入院して

食道の全摘出手術を行い、その後順調に回復し

また劇場に足を運ぶようになりました。


1996年になると女優で活躍されていた"黒柳徹子"さんが

主演を務めていた舞台にも参加し、それが切っ掛けとなって

黒柳徹子さんと親しくされていたそうです。


1958年に樗牛だった"加藤治子"さんと結婚し、

約15年間の夫婦生活ではありましたが、

1973年に離婚し、その後も数回結婚と離婚の繰り返して

いたそうです。


近年になると、舞台よりもテレビや映画に出演する機会が増え、

数々の映画やドラマでご活躍されていました。

特に、私の記憶に新しいところでは"水戸黄門"や

"鬼平犯科帳"などの時代劇ドラマに出演し、

すばらしい演技でお茶の間を楽しませてくれました。


さらに1982年には"角川映画"の走りとなった映画

「セーラー服と機関銃」に出演されて名演技を披露し

映画ファンや関係者から絶大なる評価を受けていました。


最近の2013年には、NHKドラマの"極北ラプソディ"に出演され

"並木彰吾"役を演じ、その存在感を思う存分披露していました。

映画では日本の"ホラー映画"で有名な「リング」の監督で知られる

中田秀夫が手がけたホラー映画"クロユリ団地"に出演し、

まだ"役者"として若かった元AKB48の女優"前田敦子"さんや

俳優の"成宮寛貴"氏を盛り上げる演技を披露し

映画の成功にご尽力されていました。


なので、若手の育成にも頑張られていたので、

今回の死去は、非常に残念でなりませんが

その思いをファンや関係者の皆さんが

きっと引き継いでくれることを期待しております。








◇ 死去の原因は?

亡くなられた原因は"呼吸不全"と伝えられておりますが、

生前の頃から呼吸器系に異常があったようで、

病院で通院なされていたそうですが、突然業態の急変し

そのまま帰らぬ人となったようです。


以前には"末期の食道がん"を発症したことがあり、

その時には食道の全摘出手術を行い無事にご回復なされました。

その時の病と、今回の呼吸器系との病気が何らかの関係があるか?

どうかは分かりませんが、少なくてもご年齢が83歳だっただけに

体調が衰えていたことは事実でしょう。







◇ クロユリ団地に出演!

映画「クロユリ団地」は、日本を代表するホラー映画監督の

"中田秀夫"監督が手がけた映画で、有名作品としては

"リング"や"仄暗い水の底から"等、世界でも有名な作品を

制作された監督によるものです。


この映画には元アイドルの"前田敦子"や俳優の"成宮寛貴"氏が

"W主演"であることで話題になり、両名のファン達から

特に注目されていました。

私もAKB48ファンなので、特にこの映画には注目しておりましたが

名俳優の"高橋昌也"氏は出演されていたとは当初、

全く気付いておりませんでした。







スポンサードリンク






映画が上演されると、2日間あまりで興行収入が

約一億五千万円を突破して、その人気ぶりが証明されていました。

また、映画観客動員数もランキング1位となり、

その後も人気が衰えず、2週間が過ぎた累計興行収入が

約四億円を突破し、さらに観客動員数が増加されました。


この映画には、主演の2人以外にも層々たる布陣が出演しており

西田尚美さんや筒井真理子さん、勝村政信氏や佐藤瑠生亮氏、

もちろん高橋昌也氏等が出演されて大ヒットを記録しました。







◇ 黒柳徹子さんとの関係は?

黒柳徹子さんとは、現在の銀座にあるル「テアトル銀座 by PARCO」で

"高橋昌也"氏が監督を務めた舞台に主演され、

そこから親しくなったそうです。


"高橋昌也"氏とは約数十年間の付き合いだったらしく、

"鋭い演出"と主演した人の気持ちを考えた"ダメ出し"をして

作品を制作されていたようです。


今回の"高橋昌也"氏の死去については以下のようなコメントを

ファックスで伝えたらしく↓↓↓


まだ、私も気持ちが混乱しているのですが、これからも、これまで昌也さんに演出していただいた作品を再演していきたいと思っています。昌也さんのように上品な、ユーモアが分かる、美しいことが好きな人はそういないと思います。私たちが失ったものは本当に大きいです。最近、周りのお友達が次々に亡くなり、悲しい中で、最後の一撃という気がします『提供FAX文から引用文』

等と、生前の"高橋昌也"氏の演出や監督としての指導を

讃えながらも、"高橋昌也"氏の思いや遺志を

今後も引き継いて行くことを宣言し、

今回の「訃報」を悲しんでおられるようです。




スポンサードリンク




◇ ちちんぷぃぷぃの芸能マスタートップページ



◆ 当ブログで紹介している芸能人(タレント) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  
015 千秋


  
  
  
  


021 misono
  
  
  
024 Non
  
025 Non


0
  
0
  
0
  
0
  
0






◆ 当ブログで紹介している芸能人(男優・女優) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
008
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
033 Non
  
034 Non
  
035 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(モデルタレント) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
009 森星
  


011 SHELLY
  
  
  
  


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(お笑いタレント) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
009 Non
  
010 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(アイドル) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(歌手・シンガー・作詞作曲家) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
003 hide
  
  


  
  
  
009 boa
  


011 YUI
  
  
013 Non
  
014 Non
  
015 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non




◆ 当ブログで紹介している芸能人(声優) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
003 Non
  
004 Non
  
005 Non


  
  
  
  








◆ 当ブログで紹介している芸能人(アナウンサー) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
  










【訃報】佐久間正英 死去!スキルス胃がん原因!YUKIは?生田絵梨花は?


音楽プロデューサーとしてご活躍されていた

「佐久間正英」氏が2014年1月15日の深夜に

死去されていたことが分かり話題になっています。


あまりにも突然の発表で驚いているファンや関係者も

多いと思いますが、以前から闘病していた

「胃がん」が原因で、亡くなられた当日に

容態が急変したらしく、そのまま帰らぬ人と

なってしまたそうです。


そこで、現役当時お世話になっていた「YUKI」や

「生田絵梨花」さんについて注目してみたいと

思います。

『佐久間正英』さんご本人や佐久間正英 死去について調べていましょう!







◇ 佐久間正英プロフィール

佐久間正英
本名
佐久間正英
読み
さくま まさひで
生年月日
1952年2月29日
仕事
ミュージシャン、音楽プロデューサー
出身地
東京都
所属事務所
---
血液型
---
著 作 元:オリコン株式会社様WEBサイト公表物
明確区別:画像キャプチャで使用
主従関係:該当【者・物】紹介や分析のため引用
引 用 元:オリコン株式会社様WEBサイト
改変有無:一切無し


佐久間正英氏は幼い頃は"広島県"で育ったそうで

終戦当時、アメリカの支配下となっていた広島から

父親と一緒に東京へ逃げてきたそうで、

そのまま東京で生活を送っていたそうです。


その後は、高校・大学と順調に進み、

卒業後はサラリーマンの道を歩まずに、

「ミスタッチ」と呼ばれていたバンドに所属し

ベース担当でメンバー入りしていたそうです。


その頃から、自身で作詞・作曲を手がけていたらしく、

後にプロデューサーとしてご活躍されますが、

この時に既にプロデューサーとしての才能が

開花していたのかも?知れませんよね!


その後は、様々なバンドに参加しては脱退し!っの

繰り返しだったそうで、

1984年には自身の活動をメインと位置づける

「ブイ・エフ・ブイスタジオ」を設立し

本格的にプロデューサーとして活躍の場を

広めていったそうです。


その後は音楽に関する仕事であれば、

様々なジャンルにも挑戦し

日本での香港映画の立役者でもある

「ジャッキーチェーン」がブームの際に

「ドランクモンキー酔拳」の主題歌を作曲し

この映画が日本でウケた要因の一つとされ

佐久間正英氏の知名度は一挙に広がって行きました。


これが切っ掛けとなって多数の映画音楽にも

力を入れるようになり様々な作品が作られています。


また自身は"ミューシャン"としてもご活躍されていたので

音楽セッションをするのが大好きだったようで、

それが切っ掛けとなったのか?

現在の"JUDY AND MARY"の前進でもある

「NiNa」を結成し、ボーカリストの「YUKI」の

歌唱力を導き出し、広く世間から絶賛される

歌手と知れ渡ることに尽力なさいました。


また、それを気に他のボーカリストとセッションを行い

気が合った歌手達を一つのバンドに結成させ、

シングルやアルバム制作にも力を入れ、

素晴らしい楽曲を世に広めてきました。


個人の力と常に周りとセッションし、寄り良い

楽曲を作り出す手法は、他の有名ミュージシャンからも絶賛され、

超人気歌手の「山下達郎」氏にも楽曲提供されたことが

有名ですよね!確か"あまく危険な香り"だったと

記憶していますが?


しかし、2013年の夏頃に自身公式サイトにて

自らが末期のガンであることを発表し、

余命数ヶ月であることを公表して今に至っておりました。







◇ 亡くなられた原因は?

今回の死去の発表は、息子さんの佐久間音哉氏によって

報告されたものだそうですが、亡くなられた原因は

以前から闘病生活を行う原因となっていた

「胃がん」によるものだそうで、昨年の8月頃から

入院されたと発表されていましたから、数十ヶ月に及ぶ

闘病期間を経て残念ながら帰らぬ人となったようです。


症状が急変したのが2014年1月15日の深夜だったそうで、

突然容態が急変し"危篤"の状態になったらしく、

そのまま息を引き取ったそうです。

多分苦しまれてあの世に旅立たれたとは思いますが、

周りにはご家族・ご親戚や関係者の方々から

見届けられて行かれたと思うので、

その点では安らかにお眠り頂いたのではないでしょうか?


葬儀等については、既にご関係者の間で密葬されたそうなので

ファンの皆さんで本当の最後に立ち会えずに

悲しみや怒りを覚えられる方もおらっしゃるかも知れませんが、

亡くなられる前にご本人の意向を汲み取り親近者のみで

葬儀がなされたようなので、

あまり怒らずに安らかなご冥福をお祈り致しましょう。







◇ YUKIとの関係は?

YUKIさんと言えば誰でも知る、超有名バンド"JUDY AND MARY"の

ボーカリストとして長年ご活躍されていましたが、

実はその歌唱力!音楽性!を導き出したのは

故・佐久間正英氏で、1999年代に当時の"B-52's"に所属していた

「ケイト・ピアソン」氏とYUKIさんで結成されたバンド

"NiNa"で本格的なバンド活動をスタートし、その後数々の

ヒット曲を連発されてきました。







スポンサードリンク






なので以前に行われた某曲のインタービューで"YUKI"は、

「私は、自分が佐久間さんの作品だと思っています」等と

発言されていました。それだけ佐久間正英氏に思いを

寄せていた彼女だけに、まだ61歳で亡くなられた

現実を受け取るのにはかなり時間がかかりそうだし、

その悲しみは我々一般人には想像も付かないほどの

悲しみなのでしょうね!







◇ 生田絵梨花との関係は?

生田絵梨花さんとは?から始めないと彼女の存在すら

お分かりにならない方もおられるも?知れませんが?

アイドルグループの"乃木坂46"のメンバーの一員で

同じアイドルグループのAKB48の公式ライバルとして

活躍されているアイドル女性です。


佐久間正英氏とのつながりは、どうも親戚関係に

あるらしく、自身のブログ"music~don♪213"で

2013年9月の更新分で発表なされていました。


ブログでは、音楽レーベルの話を持ち出し、

生田絵梨花さんの亡くなられた祖父が

よく洋楽レコードを聴いていたそうで、

音楽一家であったこと、さらにこの祖父を介して

当時子供であった"佐久間正英"氏に音楽の道へ

進めてくれた人物がこの祖父であったそうです。


なので生前、佐久間正英氏はこの祖父のことを

「恩師の存在」として敬意していたそうです。


この祖父と佐久間正英氏との家系図としては

生田絵梨花の父親の"従兄弟"にあたるそうです。



さらにブログでは、2013年8月に佐久間正英氏が

自身が"ガン"であることを告知し、脳腫瘍の手術や

リハビリを乗り越えて、現在は現場復帰を果たし

頑張っていることも紹介されています。


佐久間正英氏が生前、どのくらい生田絵梨花さんと

親しんだのか?っは分かりませんが、

あまりにも早い他界だったので、まだその現実を

受け止められないでいるのではないでしょうか?



スポンサードリンク




◇ ちちんぷぃぷぃの芸能マスタートップページ



◆ 当ブログで紹介している芸能人(タレント) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  
015 千秋


  
  
  
  


021 misono
  
  
  
024 Non
  
025 Non


0
  
0
  
0
  
0
  
0






◆ 当ブログで紹介している芸能人(男優・女優) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
008
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
033 Non
  
034 Non
  
035 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(モデルタレント) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
009 森星
  


011 SHELLY
  
  
  
  


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(お笑いタレント) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
009 Non
  
010 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(アイドル) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
  


  
  
  
  


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non





◆ 当ブログで紹介している芸能人(歌手・シンガー・作詞作曲家) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
003 hide
  
  


  
  
  
009 boa
  


011 YUI
  
  
013 Non
  
014 Non
  
015 Non


0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non
  
0 Non




◆ 当ブログで紹介している芸能人(声優) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
003 Non
  
004 Non
  
005 Non


  
  
  
  








◆ 当ブログで紹介している芸能人(アナウンサー) ◆


※ ブログ投稿順のため『順序不同』


  
  
  
  


  
  
  
  










【訃報】中村直 死去!心筋梗塞が原因!伝説的のDJとして有名!


ハウスミュージシャンとしてご活躍されて

おられいましたDJの「中村直」氏が、

2014年1月17日の午前2~3時頃に"心筋梗塞"によって

亡くなられたことが分かり話題になっております。

葬儀等の詳しい情報は分かっておりませんが、

家族葬にて静かに執り行われたことが

伝えられております。

突然の訃報でご親族・ご関係者の皆様は

さぞかし悲しまれておられる事と存じますが、

生前のご尽力に感謝し、心よりお礼を申し上げます。

『中村直』さんご本人や中村直氏 死去について調べていましょう!







◇ 中村直プロフィール

中村直
本名
中村直
読み
なかむら なお
生年月日
????年4月11日
仕事
ハウス・ミュージックDJ
出身地
東京都
所属事務所
---
血液型
---
著 作 元:公式Facebook様WEBサイト公表物
明確区別:画像キャプチャで使用
主従関係:該当【者・物】紹介や分析のため引用
引 用 元:公式Facebook様WEBサイト
改変有無:一切無し








◇ 中村直 経歴

"中村直"氏の詳しい年齢などは公表されていないので

分かってはいませんが、

活動は主に"ハウスミュージシャン"として1981年頃から

地元都内にのディスコ「ツバキハウス」でDJを務めていたので

多分、今の40~50代世代の方なら一度は耳にしたことのある

楽曲もあるのでは?ないでしょうか!?


なので、学生時代からDJとして活動を始めたとすると、

現在は30~40代くらいのご年齢だと推測されますよね?


若い頃からアメリカの楽曲に憧れていたらしく

1984年頃に渡米し、様々なクラブでDJとして

ご活躍されておられたそうです。







スポンサードリンク






私の記憶が定かであれば、たしか東京都内でも

超人気ディスコ店であった「GOLD」にも出演されていたことが

あったと記憶しています。


その後もクラブDJやCDリリース等で活躍の幅を広め、

今では誰もが知っている人気ユニット"PUFFY"や

音楽グループ"Every Little Thing"などにも

"楽曲適用"していたことで有名ですよね!!

その時の芸名は「BAD ATTITUDE」と名乗っていました。


翌々年には自身の活動も30周年を向かえ、

いよいよこれから、DJ業が他の有名歌手・グループへも

今まで以上に音楽制作に携わってご活躍されるものと

関係者の皆さんは期待されていたところだったと

想像できますので、今回の訃報は

非常に悲しまれていることでしょう!!


誠に残念なDJを亡くしてしまい、

ファンの皆さんや同じ年代でご活躍されている

仲間の皆さんも多数いるかと思いますが、

彼の今までの経緯を無駄にしないような

活動をこれからも続けて欲しいものです。







◇ 死去の原因

今回亡くなれた原因の病は"心筋梗塞"っと伝えられています。

この情報ソースとなったのは"中村直"氏の"後輩"とされる人物

「346(さんしろー)」氏が"中村直"氏のフェースブックに

記載されたことから伝えられたもので、

詳しい内容は以下のように記されております↓↓↓

中村直の後輩の346(さんしろー)と申します。ご親族様の意向により私がお伝え致します。中村直が17日午前2時40分すぎ心筋梗塞の為、死去いたしましたのでお知らせいたします。葬儀は19日に家族葬にて執り行われました。ここに生前のご厚誼を深謝し 慎んでご通知申し上げます 関係者の方々へのご連絡をお願いいたします。皆様に何とぞよろしくお伝えください。ご親族様の意向により焼香やお電話などはご遠慮下さい。『公式フェースブックの書込みから引用文』


等と亡くなられた経緯を詳しく記されております。

この後もコメントが長々と載せられておりますが、

この後輩と言う人物の346氏の思いとか、

生前の思い出とかも掲載されていますので

是非ファンの皆様には一度見て頂きたいものです。


病死による死去とされているので、

亡くなられる直前はどこに居られたの分かりませんが、

もし突然の"心筋梗塞"であれば、

かなり苦しい思いをなされて亡くなったと想像が付きますので

安らかに!っとは行かなかったのかも知れませんよね!

なので私達一般のファンを含め、

本当の意味で心より『ご冥福』をお祈りしましょう!!







◇ 葬儀について

公式フェースブックの書込みにもありますように、

多分ご自身の意見を尊重する形で、密葬されたと思いますが、

2014年1月17日の午前にお亡くなりになり、

2014年1月19日にご家族の皆様によって家族葬で

執り行われたそうです。


喪主などを誰がお引き受けしたのかは?分かっていませんが、

フェースブックへの書込みを見る限りでは、

「関係者の方々へのご連絡をお願いいたします。」っと

記されていますので、ご関係者の皆さんにも

知らせぬまま、ご親戚・ご家族間で葬儀が執り行われたと

思われるので、是非、このブログを見られたご関係者の方は

ご友人の"346氏"の意向を汲んで広く世間に伝えて頂きたいと

お願い致します。


もしかしたら、ファンの皆様やご関係者の皆様は、

最後のお別れに立ち会えずに"冷たい対応"等と

お怒りになられる方もいらっしゃるかも知れませんが、

たぶん今回の対応は密葬された形とされているので、

生前にご本人の意思を尊重する形で行われたものと

想像がつくので、怒らずに冷静に生前願っていた

ご本人の意思を受け止めましょう!!


生前のご活躍に感謝し、心よりご冥福をお祈り申し上げます。



スポンサードリンク



追悼記事 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。