So-net無料ブログ作成
検索選択

【悲報】藤村志保 大ケガ!ナレーション 交代疑惑とは?夫はいるの? [悲報記事]

スポンサードリンク





【悲報】藤村志保 大ケガ!ナレーション 交代疑惑とは?夫はいるの?


女優の「藤村志保」さんが2014年1月3日に、

自宅か?あるいは仕事先か?分かっていませんが、

さらに、ぶつけたのか?倒れたせいか?も分かりませんが、

背中の骨を"圧迫骨折"し現在担当しているNHKの大河ドラマ

"軍師官兵衛"でのナレーターから退くことが分かり

話題になっています。


そこで、今回の"大ケガ"についてや"ナレーション交代の疑惑?"

あるいは"夫:旦那さん"について注目してみました。







◇ 藤村志保プロフィール

藤村志保
本名
静永操
読み
しずなが みさお
生年月日
1939年1月3日
仕事
女優、ナレーター
出身地
神奈川県
所属事務所
オフィスポエム
血液型
O型
著 作 元:オリコン株式会社様WEBサイト公表物
明確区別:画像キャプチャで使用
主従関係:該当【者・物】紹介や分析のため引用
引 用 元:オリコン株式会社様WEBサイト
改変有無:一切無し(縮小拡大時あり)


藤村志保さんと言えば、

最近、携帯会社の"ドコモ"のCMで

ファミリーのおばあちゃん役として出演され、

名演技ぶりを披露しお茶の間から親しまれていましたよね。


名演技とは?昔の姑的な?"意地の悪い"おばあさんの役?を

見事に演じきり、

それでありながらドコモダケの衣装(帽子)を身にまとった姿は

どことなく可愛らしく、とても上品な感じがして、

私的には「憎めないおばあちゃん」って感じで見ておりました。


なのでそのおばあちゃんが大ケガをされたそうなので、

ちょっと心配なところではります。


"藤村志保"さんは1939年1月生まれの75歳、

若い頃から"演技"が好きだったらしく、

中高学校を卒業後、

当時唯一演技をメインに指導していた"大映演技研究所"に所属し

そこで"女優"としても期待あげられ、

名演技で数々の"新人賞"を受賞されていたそうです。


当時はまだ、"映画"か"舞台"が芸能者の披露する場でしたから

主に現代劇に参加し、スター女優として活躍されていたそうです。


その後は日本が"高度成長"の時期でもありましたから、

徐々に国民の生活の中にテレビが置かれるようになると、

テレビドラマが主流の時代となってきて

俳優さんや女優さんの活躍する場もテレビへと変わっていった

時代でした。


"藤村志保"さんもテレビドラマに出演する回数も増え、

それと同時にお茶の間からも人気が出始め、

1965年に出演したNHKの大河ドラマ"太閤記"では

豊臣秀吉の正室でもある「ねね」役を演じ、

見事な演技ぶりで一躍人気者になっていましたよね!


独特な喋り口調と、スリムなスタイルで着物の似合う女性でもあり

さらに面長なお顔だちでしたから、

まさに昔の女性を想像させてくれるような身のこなしでしたよね!


私も幼心にも"藤村志保"さんが演じた"ねね"を見て

素敵な女性だな~!っと思っていたことが記憶に新しいところです。


その後もテレビドラマや映画・舞台などで活躍し、

NHKが毎年開催しているイベントで「NHK放送文化賞」を

受賞されていたシーンをテレビで見たことがあります。


そして最近では、あまりメディアではお目にすることが

ありませんでしたが、

携帯電話の"ドコモのCM"に出演なされているところを見かけ

非常に懐かしく感じとりました。


さらに今年(2014)にはNHKの大河ドラマ"軍師官兵衛"の

ナレーション役に抜擢されたようで、

久しぶりにお声が聞けて懐かしいのと、

ちょっとお声に張りがなく心配する部分もあったのですが

それでもお元気そうだったので安心しておりました。


しかし今回どのような理由で大ケガをなされたのか?分かりませんが

"背骨圧迫骨折"で負傷なされたので、とても心配しているところです。







◇ 大ケガ(圧迫骨折)を負ったそうな?

一報が伝えられたのはネットニュースだったのですが、

2014年1月29日更新分のニュースで、現在担当していた

NHKの大河ドラマ"軍師官兵衛"のナレーションをケガのため、

元NHKアナウンサーの「広瀬修子」さんに交代する!っとの

一報で知れ渡ることになりました。


しかも"藤村志保"さんが実際ににおケガをなされた日は

2014年1月3日だったそうで、

それから約 1か月ぐらい経ってからの報告だったので、

なぜ?今まで黙っていたのか非常に不思議なところですよね。


確かにドラマ的には"収録"を行っているのでしょうから

今すぐに"藤村志保"さんのナレーションが無くなるわけではなく、

今まで隠し通すことが可能だったでしょうから

発表しなかったとも考えられますが、

大女優さんが大ケガを負ったのに告げられていなかったのが

非常に疑問に感じます。


もしかしたら僅かのニュース枠?で報じられたのかも知れませんが

それでも世間の方が知らなかったのであれば

あまりにも軽率な対応だと感じますが・・・?







スポンサードリンク






ところで、今回"藤村志保"さんが負傷なされた

"背骨圧迫骨折"ですが、

これはその名の通り、背中の骨に何らかの圧迫が与えられ

骨折したものだと容易に想像が付きますが、

どのようにして背中を圧迫したのでしょうね?


ご年齢が75歳だそうですから、

骨も弱っているとは思いますけれど、

背中を圧迫する機会などそれほどあるものではなく

もしかしたら寝ている時に圧迫し、

そのまま睡眠をとったことで発症したのかも?知れません。


いずれにしても骨が完治する方法は、

ご自身の再生力?体力?にかかっているのですから

お大事にして回復することを願っております。







◇ ナレーション 交代疑惑とは?

不運にも"藤村志保"さんがケガをなされて現在担当していた

NHKの大河ドラマ"軍師官兵衛"のナレーションの交代を

余儀なくなったのは非常に残念なことですが、

ただ以前から"藤村志保"さんのナレーションを好まれない方が

多くいたのは事実で、

特に"聞き辛い"とか"ろれつが回っていない"等の

感想や声が多く上げられていたそうで、

関係者の間でも"賛否両論"があったそうです。


しかし私が感じていたのは、独特なお声で大河ドラマにマッチした

「雰囲気のあるお声」であると思っていたので、

それだけに"賛否両論"があったのは誠に残念なことです。


なので関係者側から見ると、

今回の"藤村志保"さんのケガによる降板は、

もちろん代わりを担当することになった

元NHKアナウンサーの「広瀬修子」さんの出来にもよるのでしょうが?

悪い意味では"不幸中の幸い?"っとなった事は事実でしょうから、

"噂"では「NHK側の思想」が反映されるように手を打った!等と

伝えられているそうなので、

"藤村志保"さんのケガの原因すら怪しまれるところです!!

広瀬修子
著 作 元:ことばの杜公式様WEBサイト公表物
明確区別:画像キャプチャで使用
主従関係:該当【者・物】紹介や分析のため引用
引 用 元:ことばの杜公式様WEBサイト
改変有無:一切無し(縮小拡大時あり)


さらに"藤村志保"さんのナレーションが原因か?どうか?っは

分かりませんが、

ドラマの視聴率も悪くなり始めた最中だったそうで

その責任を"モロ"に受けたのが"藤村志保"さんであるように

思えるのは、私の"下衆の勘ぐり"なのでしょうかね??


今回の"藤村志保"さんのおケガについて、

番組チーフプロデューサーや代役を務める事となった

"広瀬修子"さんらがコメントを出しているようですが、

いずれも、とても「お綺麗」な言葉を告げているのですが、

私にはどうも"戦略的思想!"っというイメージが強くするので

何だかそのコメントを素直に受け入れることができないでおります。


いずれにしても"藤村志保"さんが回復した後は、

NHK側がどのような"対応"をなされるのかに注目し続けたと

思いました。







◇ 夫はいるの?

藤村志保さんの本名は「静永操:しずなが みさお」であります。

この苗字は夫の「静永純一」氏のものです。

なので"藤村志保"さんはご結婚をなされており、

旦那様は元"日本シニセル株式会社"の社長であった

「静永純一」氏です。


そして「静永純一」氏の戸籍に入ったのですから

"静永操"さんと言う名が現在の本名であるそうです。



スポンサードリンク



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
※ 各画像の著作権の「引用条件」については該当ページ内にてご案内させて頂いております。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。