So-net無料ブログ作成
検索選択

槇原敬之 結婚の噂は?カミングアウト 曲って何?SMAP×SMAPに出演! [人物記事]

スポンサードリンク





槇原敬之 結婚の噂は?カミングアウト 曲って何?SMAP×SMAPに出演!


歌手で作詞・作曲家の「槇原敬之」氏が

フジテレビ系列で放送されている人気番組

「SMAP×SMAP」に出演することが分かり

話題になっています。

その他にも"宮本亜門"氏や何故か?Kis-My-Ft2の

"北山宏光"氏も共演されるそうです。


そこで"槇原敬之"氏の「結婚の噂話」や

"カミングアウト曲?"について

注目してみたいと思います。

『槇原敬之』さんご本人や槇原敬之 結婚の噂について調べていましょう!







◇ 槇原敬之プロフィール

槇原敬之
本名
槇原敬之
読み
まきはら のりゆき
生年月日
1969年5月18日
仕事
シンガーソングライター、作詞家
出身地
大阪府
所属事務所
ワーズアンドミュージック
血液型
O型
著 作 元:オリコン株式会社様WEBサイト公表物
明確区別:画像キャプチャで使用
主従関係:該当【者・物】紹介や分析のため引用
引 用 元:オリコン株式会社様WEBサイト
改変有無:一切無し


"槇原敬之"氏は誰もが知る日本で最も"ラブソング"を歌う

一人者で、自身が歌う曲のほぼ全ての制作を自らが手がけ

楽曲制作の際に行う独自の手法「詞先」は今では他の

音楽プロデューサーも行うようになってきましたが、

私が知る限りでは"槇原敬之"氏が

その手法の走りを築いた第一人者だと思っております。


自身が手がける歌詞は主に"ラブストーリー"系が多く、

さらにそれに合わせるかのように楽曲も"ラブソング"風の

ものが多く、ファンの女性の心を掴みテレビ収録や

コンサートで涙する女性の姿がたくさん見受けられます。


さらに"槇原敬之"氏ご自身の"歌声"も清んだような甘い声で

柔らかく・繊細な艶のある声なのでファンが魅了されるのも

当然ですよね!!


親子関係では、兄弟がいない"一人っ子"として育てられた

そうなので、かなり親の愛情を深く受け大きくなったのでは

ないでしょうか?


音楽に目覚めたのは、親戚の中にミュージシャンの

「ローリー寺西」氏がいたそうで、そちらから影響を受けて

歌手の道へと進んだのではないでしょうか?

さすがにロックンローラーの"ローリー寺西"のような

キャラクターにはなれなかったのでしょうけどね・・・

これが功を称して?素晴らしい歌声のシンガーを

誕生されたのでしょうか・・・??


その後は、得意とするラブソングをメインに歌で活躍されて

行きますが、あるときに重大な事件を引き起こし

世間を驚かせてもいましたが、

持ち前の明るさと周りの支えも合って見事歌手として復活し、

今では他の歌手やアイドルグループへも楽曲提供するようになり

提供する楽曲ほぼ全てが大ヒットを生み出しています。


最近ではメディアへの露出度も上がり、バラエティー番組や

各局の音楽番組へもたくさん出演されるようになって

今に至っております。







◇ 結婚の噂は?

"槇原敬之"氏にいつも付きまとう噂?っがこの結婚話であり

今まで様々な憶測をされながらも今だ1人身の状態です。


自身が手がける楽曲でたくさんの女性の心を掴み、

ファンもたくさんいるのに、なぜたった1人の女性を

捕らえられないのでしょうかね?

非常に疑問です。


まさか頻繁に"女遊び"をしているから結婚には踏み出せない!

っというイメージは"槇原敬之"氏に限って想像できませんので

さらに疑問に思うところです。


以前噂されていた"珍事件?"では、

東京新宿の歌舞伎町にある通称:オカマバーで

働いていた「ニューハーフの金ちゃん」と言う人物との

"結婚説"なるものが話題になり、一時ファンの間で

大騒ぎとなったことがあります。


後に分かったことですが、この"金ちゃん"と言う人物は

「桃山金太郎」という方だそうで、

もちろんニューハーフ(オカマ)であったそうですが、

この人物と1999年頃に"交際している"等と伝えられえ、

裏では結婚説すら浮上していたそうです。


この"金ちゃん"と"槇原敬之"氏との出会いについては

よく分かっていませんが、

どうも1999年に自ら起こした不祥事"薬物所持事件"で

逮捕される際にこの"金ちゃん"と一緒に居たそうです。


多分この"金ちゃん"もその時の事件と密接な関係が

あった模様で、後に行われた裁判では、

この男性?女性?と二度と接触しない事と、

薬物の使用は一切しないことを約束した上での

判決が下ったそうです。


なので、現在はもちろんこの男性?女性?とは

無関係になっているとは思いますが、

そんな過去があるために、今だに結婚できないで

いるのでしょうか?

あるいは自身が自ら犯した犯罪を重く受け止めての

未婚なのでしょうかね??


世に素敵な音楽を提供してくれている人物だけに

幸せな生活を手に入れ、さらなる素晴らしい楽曲を

披露して欲しいものですがね・・・!?







◇ カミングアウト曲って何?

カミングアウトとはその名の通り、

「暴露・秘密を明かす」っと言う意味で使われていますが、

"槇原敬之"氏との関連については、

元々情報ソースとなったのがファンの間で話題になった

“ゲイ疑惑の真相?"を曲を通して暴露(カミングアウト)して

いるのではないか?っという物議が交わされたことから

生まれたものです。


特に謙著に疑いが持たれた楽曲が一昨年リリースされた

"軒下のモンスター"で、この曲中にある

「好きになる相手がみんなと僕は違うんだ」っという部分が

まさに"ゲイ疑惑"の発端となった部分らしく、

そのまま解釈すれば、まさにその通りですからね!!

カミングアウトしている!っと言われても

仕方が無い事実なのでしょう。

但し、ご本人がその気で書いたかは不明ですが・・・!







スポンサードリンク






さらに、最近リリースした新曲

「Life Goes On~like nonstop music~」では

"女性に向けた曲"として手がけて欲しいとの、

フジテレビ社の関係者から依頼された曲らしく、

ご自身は制作時に"女性に向けた曲は初めて手がける!

凄く楽しみで夢中になって書き降ろす"っ的な

コメントを寄せていたそうで、ファンからすると

今までの楽曲はラブソングがメインだっただけに

女性に向けて作られたものではなかったのか!等と

疑問に感じられた方が多くいたそうです。


確かにラブソングっとは言っても、"槇原敬之"氏が

手がける曲は"失恋ソング"が多いので、

男性よりも、むしろ共感される女性向けに

楽曲が制作されていたと思われてもおかしく

ありませんからね!


つまり、男性に向けた自身のラブ(恋愛感)を

描いた作品だったのか!っと言う疑問が

浮上して大騒ぎになったそうです。


このように、以前から"槇原敬之"氏に

付きまとっていた噂"ゲイ疑惑"を

自ら歌にしてカミングアウトすることを

カミングアウト曲と呼ばれているそうです。







◇ SMAP×SMAP(スマスマ)に出演!

毎週月曜日の22:00から放送されている

フジテレビ系列のバラエティー番組「SMAP×SMAP」に

"槇原敬之"氏とその他ゲストが出演することが分かり

話題になっていますが、どのようなトーク展開を見せるのか

ファンの間から注目されているそうです。


事前の番組告知によれば↓↓↓

仰天(秘)グッズに超驚く新企画!5人で最先端プリクラ&衝撃お風呂で赤面?▽異色3人キスマイ北山&槇原敬之&宮本亜門来店でSMAP作詞替え歌熱唱?▽キティ超貴重コラボ『Yahooテレビガイドから引用文』


等とされているので、何らかの楽曲を番組で制作し

スマップに歌わせる?っ的なことを行うのでしょうか??

この告知だけでは、よく分かりません。


またなぜこの異色の3人のコラボ?で

登場することになったのか?っも疑問ですよね。


出演するコーナーはお馴染みの"ビストロ"だそうですが、

食事をしながら何か歌唱でもするのでしょうか?

その辺も全く想像がつきませんね!


また"歌"からすると"槇原敬之"氏とキスマイの北山宏光氏が

共演することは何となく分かるような気がしますが、

何で演出家の「宮本亜門」氏も共演するんでしょうかね・・・?


番組を見ないことには謎らだけで寝れないような

気がしますので忘れずに視聴したいと思います。



スポンサードリンク



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
※ 各画像の著作権の「引用条件」については該当ページ内にてご案内させて頂いております。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。