So-net無料ブログ作成
検索選択

演歌アイドル 岩佐美咲!鞆の浦慕情 売上首位!水着は不要!無人駅が有名 [人物記事]

スポンサードリンク





演歌アイドル 岩佐美咲!鞆の浦慕情 売上首位!水着は不要!無人駅が有名


人気アイドルグループ"AKB48"のメンバーで唯一!

演歌アイドルとして活躍している「岩佐美咲」さんが

2014年1月にリリースした新曲「鞆の浦慕情」が

オリコン週間チャートで売上首位を獲得し話題になっています。

デビュー曲の"無人駅"に続く大ヒットで、

演歌アイドルとしの地位も上昇していることでしょう!

もう「水着姿」の披露も不要だと思います??

『岩佐美咲』さんご本人や演歌アイドルについて調べていましょう!







◇ 岩佐美咲プロフィール

岩佐美咲
本名
岩佐美咲
読み
いわさ みさき
生年月日
1995年1月30日
仕事
アイドル
出身地
千葉県
所属事務所
長良プロダクション
血液型
O型
著 作 元:オリコン株式会社様WEBサイト公表物
明確区別:画像キャプチャで使用
主従関係:該当【者・物】紹介や分析のため引用
引 用 元:オリコン株式会社様WEBサイト
改変有無:一切無し


岩佐美咲さんは愛称「わさみん」でAKBファンの間でも

親しまれていますが、48グループ内を見ても

唯一の「演歌歌手」として広く知られており、

っがしかし!意外にも"千葉県"出身であることで

演歌とのイメージが付き難い?アイドルでもあります。


普通"演歌"と言えば瀬戸内海?とか東北?等の

地方出身であるように想像がなされますが、

その辺がやはり"演歌アイドル"の代名詞でもあり

まずは"歌唱力"よりも"人気"が集まってからのヒット!

っと言うのが特徴なのかも知れませんよね?


AKB48には"第四回研究生オーディション"に挑み、

見事に合格し第7期生として活動をスタートしました。


2009年に開催された「記念コンサート(組閣祭り)」の夜の部にて

その年の10月からチームAに昇格することが伝えられて

正規メンバーとして「劇場デビュー」を果すことになります。


翌年になると、大手芸能プロダクションの「尾木」へ

移籍することを発表し、本格的にタレント業にも

専念するようになると露出度も増し、

さらに同事務所に所属している他のAKBタレント同士で

ラジオが切っ掛けで生まれたアイドルユニット

「渡り廊下走り隊7」に参加して活動の幅を広げて行きます。


さらに翌年になると、元から夢でもあった「演歌歌手」を

目指すため、現事務所の「尾木」を退社し、

有名演歌歌手が多数所属している"長良プロダクション"へと

移籍することを発表されいました。


この事務所には「氷川きよし氏や山川豊氏」等の

ビッグ演歌歌手が所属しているので、その影響もあってか?

さらに「こぶし」に磨きかかって行きます。


2012年になると、初のソロシングル「無人駅」をリリースし

AKBの中ではソロでデビューするのは、

板野友美さんや前田敦子さん以来3人目の快挙を達成し

本格的に演歌歌手と活動を続ける一方で

AKBとしても頑張っているので、そちらのファンからも

支持されて今日に至っています。







◇ 鞆の浦慕情がオリコン調査売上首位

岩佐美咲さんこと「わさみん」が2014年1月8日に

リリースした3枚目のシングル

「鞆の浦慕情(とものうらぼじょう)」が

同年1月20日にオリコンから発表された

週間総合シングルランキングで

演歌としては異例の首位に君臨したことで

話題になっています。



また2013年度のオリコンシングル売上げでも

トップ100圏内にランキングされ、

同じ演歌歌手の"福田こうへい"氏や

大先輩の"氷川きよし"氏に次ぐ

大ヒットを記録したそうです。

また、もしかしたら女性演歌歌手としては

初の快挙かも知れませんね!


オリコンによると、その他にも

異例の"記録ずくし"だそうです、

今回チャートの記録もそうですが、

10代演歌歌手としては

元おニャン子クラブのメンバーだった

「城之内早苗」さんの"あじさい橋"以来の快挙らしく

共に首位を獲得した"演歌アイドル"となるそうです。


確か昔、アイドルデビューして歌手だった

「長山洋子」さんもポップスから演歌に変更した

アイドルとして話題になっていましたが、

それでも"売上げ首位"になることは

無かったので、やはりアイドルとしての人気が

支えとなっての記録であることは間違いないでしょう。


また"わさみん"にしろ、"城之内早苗"も

アイドルグループ全体の人気が押し上げた!っとも

言えるので、ピンから転向した"長山洋子"さんは

かなり苦戦されたのでしょう?


また"わさみん"の場合、グループの力を利用した

販売戦力?もあたっているそうで、

今回リリースした「鞆の浦慕情」のCDには

演歌バージョンの"恋チュン"や初回生産分には

ランダムの"生写真"が同封されているそうです。


わさみんは元々AKBの楽曲を"演歌バーション"として

歌っていたので、今回収録された"恋チュンバージョン"にも

期待がされるところでしょう!

さすが総合でAKBを手がけている秋元康プロデューサー!って

ところでしょうか??


この勢いのまま今年も演歌歌手として

頑張って欲しいものです。







◇ 演歌アイドルには水着は不要!

初デビュー曲「無人駅」からスタートし

セカンド「もしも私が空に住んでいたら」

そして今回の「鞆の浦慕情」まで

順調なセールスを続けているのですから

これからは"演歌"に集中して

ファンとしては"タレント業"は控えて

欲しいものですよね!


もちろん、わさみんファンの男性なら

水着姿やバラエティー番組への出演を

期待する人は多いと思いますが、

やはり"演歌人"として生きて行くのなら

その文化とか歴史とか伝統などを

重んじるべきであって、

例え「演歌アイドル」だとしても

あまり露出度の多い仕事は

請けてもらいたくないものです。


それによって高齢者の需要も

出てくることでしょうし、

先輩の「氷川きよし」氏のように

幅広い世代からの人気を博することが

できるように私は思えいます。







スポンサードリンク






ただ叔父さんパワーよりも

オバサンパワーの方が強いのは

事実でしょうけどね・・・?


でも、ある意味では

"新人類"?"新分野"?としての

演歌アイドルは有りだと

思いますし、それによって

若い人が"演歌"に進む道も

開けてくるでしょうから

その意味ではある程度の

"水着姿"は「有り」なのかも

知れません。


ただやはり節度をもって

露出して頂きたいものです。







◇ 演歌アイドルとは?

やはり"演歌アイドル"としての地盤?を

築いてくれたのは「長山洋子」さんでしょうね!

今の所、"演歌アイドル"としてのジャンルは無く、

デビューから演歌アイドルとして成功した人物?事例?が

ありませんので、やはりアイドルグループからの

「派生」的出現?っが大ヒットを生み出す"手法"なのでしょう?


なのでその意味から見ても

大ヒット曲があるか?っと言われれば疑問ですが、

当時"NHK紅白歌合戦"に演歌人として出場されていましたし

最近では「歌謡番組」でもチョクチョク見かけるようになった

演歌歌手として立派に活躍されていますよね!

なので「長山洋子」さんの単独転向での演歌歌手になったことは

凄いことだ!っと私は感じております。


今のところまだ「演歌アイドル」としての正確な"定義"は

ありませんが『ルックスがアイドル的でダンスよりも歌が上手い!

歌うと"こぶし"が回る』等に該当する人物がたくさん

登場するのかも?知れませんよね!!


多分今後もアイドルグループ出身の「演歌アイドル」と言う

スタイルはしばらく続くことでしょうから、

第2の"わさんみん"が出るとすれば、

男ではジャニーズ系・女ではAKBか他のグループ!っという

スタイルで登場して行くのでしょう!!



スポンサードリンク



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
※ 各画像の著作権の「引用条件」については該当ページ内にてご案内させて頂いております。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。