So-net無料ブログ作成

西川史子 旦那の仕事は何を?何故離婚したのか?子供や今後の立場は? [人物記事]

スポンサードリンク





西川史子 旦那の仕事は何を?何故離婚したのか?子供や今後の立場は?


タレントで女医でもある「西川史子」先生が

現在の旦那「福本亜細亜」氏と離婚が成立したことを

明らかにし話題になっています。

その離婚原因や今度の活動、さらに子供について

気になるところではありますが、

最後の決めセリフ?として「可愛い奥さんになれなかった!」

等と言葉を放ち、正式な離婚を認めたそうです。

『西川史子』氏ご本人や西川史子 旦那の仕事について調べていましょう!







◇ 西川史子プロフィール
西川史子
本名
福本史子
読み
ふくもと あやこ
生年月日
1971年4月5日
仕事
医師、タレント
出身地
神奈川県
所属事務所
ホリプロ
血液型
B型
著 作 元:株式会社デイリースポーツ様WEBサイト公表物
明確区別:画像キャプチャで使用
主従関係:該当【者・物】紹介や分析のため引用
引 用 元:株式会社デイリースポーツ様WEBサイト
改変有無:一切無し






◇ 西川史子さんの 旦那について

西川史子さんは2009年頃の夏に、以前から長い付き合いだった

福祉関連の会社役員を務めている「福本亜細亜」と結婚し、

3歳年下の旦那様!っと言うことで世間から注目がされたことを

今でも記憶しています。


"福本亜細亜"氏は文化放送のコメンテーターの経験があり

一方の西川史子さんもタレントとして活躍する場を

広げていたので、その辺でも"話が合って"結婚への

材料?っとなったのではないでしょうか?

両名共に仕事には恵まれた環境下であったでしょうから

金銭面でトラブルになることもなく、

"気の強い"西川先生を上手くコントロールしながら

"福本亜細亜"氏との生活を築いていたのでしょう!


また、旦那の"福本亜細亜"氏は「議会議員」の経験があったり

父親が経営する老人ホーム施設の近くで「葬祭場」を

経営したり!っと幅広い事業を展開する実業家でも

あるらしいです。


当時西川史子さんがこの男性を仕留めた時は

まさに「棚から牡丹餅」だったことでしょうね・・・?

ただ以前から長い付き合いだったそうなので

「友達感覚」で一度は結婚したものの、

やはり「性格の不一致」が大きかったことでしょう?

っと言うか?西川先生と性格が合う人って

この世に存在するのでしょうか疑問です??

なので今回は「逃した魚は大きい」でしょうか!







◇ 西川史子さんの離婚理由とは?

今回の西川史子さんの離婚が分かった情報ソースは、

自身が所属する事務所の「ホリプロ」を通して、

書くマスメディアにFAX報告したそうで、

結婚生活時代は、常に旦那さんよりも

3歩前を歩いていた性格だったそうで、

結婚生活中も"夫婦のあり方"を自身の考え方だけを

旦那さんに尊重させ、日常から夫婦生活のハードルを

上げ続けていたそうです。

それじゃ~旦那さんの"立場"ってものがなくなるし

お互いの夫婦感だってズレてくるのは目に見えますよね!







スポンサードリンク






実は以前から「離婚話」は絶えずに行われていたそうで、

昨年(2013)から既に別居生活をしていたそうです。

よく"マスコミ"に嗅ぎ付かれずにいたものです!

もしかして、その事実が世に出ないように自らが

コントロールしていたのでしょうか?
今年になって特番も終了し、通常通りのテレビ番組が

スタートする中で、自身も出演している番組で

正月期間は1人でカップラーメンを食べていた!等と

寂しい正月だったことを暴露していたそうです。


既にこの段階では「協議離婚」に向けて動いていたらしく

ようやくそれに両名共同意し、2014年1月11日に

正式な離婚が決まったことを明らかにしたようです。

各メディアに送られてきた離婚内容のFAXの文書には、


大好きで結婚したのに、可愛い奥さんになれなくて残念。 こんな私をお嫁さんにしてくれた彼には 心から心から感謝しています。 引用文『FAX文中から引用文』

等と書かれたFAXを通達したそうですが、

何だかこれを見る限り、分かれた原因は旦那さんに

あるような文脈に感じたのは私だけでしょうか??

また何だか「人事」のようにも感じてしまいます。

悪気があって書いた文ではないでしょうけど、

そのように受け止められる?ってことは

やはりご自身の「性格」に問題があるのでは

ないでしょうか??

少なくてもそのように見られることじたいが

損な性分なのかも?知れませんよね!!





◇ 西川史子さんの子供や今後の立場はどうなる?

西川史子さん夫婦には子供は出来ておらず、

とりあえずは子供の「親権問題」には至らなかったそうで

2人の夫婦間での問題だけが協議離婚の対象となったのでしょう?

ただ、心配されるのが今回の件で西川史子さんの

コメンテーターとしての"説得力"に微妙な変化が

生じるように私は感じています。


今までは「公私」共に成功者として周りから見られていたので

その発言力も強く、対抗してくる関係者も

一部分しか居なかったのですが今回の件で

自身の経歴に傷が付いたのですから今までのように

大人しくしている人ばかりだとは思えません。


なので今後タレントとして活動して行くのなら

情報番組は避けて、バラエティー番組メインで

活躍した方が、自身のためのような気がしますけど・・・?


逆に見れば「この機を」狙っていた関係者も

必ず居るはずなので十分に注意した行動を取らないと

「自爆」して芸能界から追い出されることにも

つながるのではないでしょうか?

是非しばらくは自粛して欲しいものです。

別にタレントとしてでなくても本業の女医として

生きて行けるのでしょからね!?

スポンサードリンク



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
※ 各画像の著作権の「引用条件」については該当ページ内にてご案内させて頂いております。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。